忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

想い出


ブログを書いている人の多くは、「想い出」としてブログを運営しています。商用目的でブログを運営している人はごくわずかです。商用目的というのは、サテライトサイトを複数作っていたり、アフィリエイトリンクだけで構築されているサイトなどのことです。サイドバーにアフィリエイトリンクをちょこちょこ張っているブログはたくさんありますが、それはお小遣い稼ぎ目的であって、ガッツリ商用目的というわけではありません。ブログを更新するついでに少しでもお小遣いになればいいなぁという軽い気持ち程度です。そういう方々は、正直お小遣い稼ぎにも多分そんなに興味がないと思うのです。なぜなら先に申しあげたように、「想い出」の方が大切だからです。再胃docomoバーに貼り付けたアフィリエイトリンクが消えてしまったとしても、あぁ、なくなっちゃんだぁまぁいいや^^という感じで終わるでしょうが、ブログが消えてしまったら大騒ぎするはずです。「想い出」が消えてしまったのですから・・・。

SEO対策 サポート
SEO対策 セミナー

URLに被リンク供給で一定期間、順位不安定になる。新規被リンクの評価が定まると検索順位は以後安定
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
被リンクの種類は2つ「共通部分,オリジナル部分」。組合せ方は3通り
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
SEOフィルター。被リンクに起因するフィルタリング、対策URLのコンテンツに起因のフィルタリング
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
PR

NEW


いよいよ今までのドメインを捨てました!!!(涙)。ペナルティを受けてしまっていたのであろうあのブログのあのドメインですわ・・・。びっくりするくらいアクセスがなくなってしまったメインブログ・・・。このように、手の施しようがなくなってしまい、こうなるとドメインを捨ててしまうか、検索エンジンにクロールしてもらえなくてもいいからペナルティを受けたままサイト運営し続けるかのどちらかになります。究極の選択でした・・・。今までの思い入れのあるドメインを捨て去るわけですから悩みました・・・。しかし、ドメインをいざ捨てる時、あんなに今まで悩んでいたのがウソのように吹っ切れたのです。理由は、今までメインブログで培ってきた記事たちを新しいブログにすべて移行したからです。SEO上ではまだ1からになってしまうので再度労力がいりますが、SEOよりも何よりもブログの記事の方が大事だということが今回のペナルティ、ドメインの件で分かりました。

SEO 東京
SEM対策

とんちゃんブログ
SEOサービス
とんちゃん
SEOサービス
とんちゃんSEO
トンケン経営研究所
広告代理店サービス
SEOコンサルティング
SEO
Webサイト サービス
Webサイト料金
SEO料金
SEOサービス

キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備